包茎の種類と手術方法とは?治し方について公開しています!

- 包茎によってもたらされる性病

包茎によってもたらされる性病

どの時代から包茎であることが恥ずかしいことであると思われてきたのか?
このことに対する資料は少ないために実際のことはわかりません。
もしかしたら資料に載っていないだけで最近なのかもしれませんし、資料がないほど昔なのかもしれない。
しかし古代ギリシャやローマでは自然な肉体こそが美しいとされて、そのほとんどは包皮に覆わていたそうです。
そのためその時代は通常時でも亀頭が表に出ていることこそが汚いと思われていたのです。
当時のスポーツは裸で行われていたのですが、裸ということはもちろんペニスも露出した状態だったとか。
その際に亀頭が露出するのも汚らわしいと思われていたので、スポーツの時は口を紐で縛って見えないようにしていたみたい。
ではいったいいつ頃から包茎は恥ずかしいと思われてきたのか?
江戸時代の後期、とある外科医のほうけい手術記録には『某僧侶の包茎を直してやったところ、僧侶が大喜びをした』という記述が残されているらしいです。
他にも江戸時代の川柳には「皮かぶりでは無いから御縁組」という川柳が残されていて、これらのことから江戸時代にはすっかり包茎は恥ずかしいことだという考えが当たり前になっていたように感じます。
医学の考えによるとその考えが定着してきたのはおよそ150年前からだということはわかっているのですが、当時は自傷行為を止めさせるために包皮を切除していたとのこと。
それからというもの包茎はさまざまな病気の元であると考えられて民の間では包皮=悪とされてきた、と。
現在ではほとんどそういった事実は隠されていますが、この風習が現代にも受け継がれているのかもしれませんね。
もしも今包茎に悩んでいる方がこれを読んでいるのなら、包茎に悩むあなたに安全な知識で選ぶ包茎クリニックを見た上で、どうするのかは自分自身ですがこんな歴史もあったのだと軽く覚えているのもいいのではないでしょうか?

性病にかかるリスク

syujutu
包茎だと、性病にかかるリスクは増加します。なので、包茎を治療するか、性病を予防するかの対策をとらなければ、取り返しのつかないことになってしまう可能性があります。
しっかり、予防する知恵を身につけましょう。
包茎によってもたらされる性病に一つに、性器ヘルぺスというものがあります。これは、個人差が激しく症状が多少異なるという、特定に時間のかかる病気です。
性器ヘルペスの症状は、感染した後は数日間の潜伏期間を経てその後、細かな水泡が複数現れます。
水泡はしばらくすれば潰れますが、この病気は痛みと神経痛を伴うので大変です。
痛みはペニスの周りだけでなく、頭痛としても現れることもあるので、大変に厄介です。
また、この病気は性行為により感染する病気でもあるので、きちんと予防しなければ、パートナーにも病気をうつしてしまうかもしれません。
さらに、初感染者の相手の7割が症状を感じないという報告もあります。この場合、無症状のヘルペス患者が性行為の相手であれば感染する確率はもちろん高くなります。
予防法としては、感染の可能性があれば、その間、性行為を避けるか、避妊具の使用が必要になります。
また、口唇ヘルペスを発症している相手との性行為をすることで、性器ヘルペスに感染する可能性もあります。きっちりと理解しておきましょう。
性器ヘルペスは飛沫感染しないので、正確な知恵を身につけておけば、十分に予防できます。

Copyright(C)2016 包茎の種類と手術方法とは?治し方について公開しています! All Rights Reserved.